通常、企業は社員に相対して、どれほど得策な条件で労働してくれるのかと、なるべくスピーディに会社の利益アップに連動する能力を機能してくれるのかだけを思惑しているのです。 (さらに…)